FC2ブログ
義足のYOSSYが日々思う事!
YOSSYの独り言
仲間たちの想い
2011-04-18-Mon  CATEGORY: 日常
地震と津波の被害に加えて火災の被害が大きかった気仙沼。幸いにも大きな被害は免れた唐桑半島に住む仲間の家。
津波の被害に遭われた方々のよりどころとなっていた。今回、持って行った支援物資は全てこの仲間の所へおろした。
仲間の娘さんは三陸町の病院に勤めていたが携帯電話以外全て津波で流された。被災後は避難所から、患者さんたちのため在宅看護をしている。
自分達が持って行った物資から必要ものを明日、三陸町の避難所に持って行ってくれると言う。
そして仲間が地域の方々へ沢山の支援物資が届いているから見においでと連絡すると…
津波の被害に遭われ、避難所ではなく親類宅などに住まわせてもらってる人たちが次第にやってきた。
持って行った物資を心から喜んでくれた。建てたばかりの家を津波で流された若いお母さんが子供と一緒に洋服を探しながら嬉しそうにしていた姿が印象的だった。
避難所に入っていた被災者の方が話していた。「避難所では洋服などは5分交代で選ぶので自分に合った物はなかなか選べなかった」と…
避難所には支援物資は沢山届いているけど、制約も大きく厳しい現実がある。そして協力しながら地域に住む被災者までには支援はなかなか届いていないのが現状。
だから被害の少なかった仲間の所は良い拠点として役にたつ。
避難所では、どんなにしっかりした古着でも、なかなか受け入れてもらえない。たとえ食料であっても今は個人レベルでは受け入れを拒否される。支援団体を通して欲しいと…
混乱を防ぐためには仕方ないことだとは思うけど… 避難所では平等を意識するゆえ、融通がきかない事も。
今回、物資提供してくれた仲間たちの想いはしっかり被災者に届けることが出来たと思う。必要な物が必要な人たちに!明日以降も被災者が仲間宅を訪れる事になっています。

支援物資のご協力をして戴いた皆さん本当に有難うございました。
心から感謝いたしますm(__)m
支援は一回だけではなく今後も継続的に行っていきたいと思います。
必要な物もどんどん変わっていきます。
また、時期を見ながら呼び掛けますので、引き続き皆さんのご協力をお願い致しますm(__)m
hisa1.jpg
hisa2.jpg
hisa3.jpg
hisa5.jpg
2011041717530001.jpg

スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント8
<< 2011/04 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 YOSSYの独り言. all rights reserved.